社員インタビュー社員インタビュー

  1. ホーム
  2.  / 採用情報
  3.  / 社員インタビュー

企画室 水梨 ひとみ企画室 水梨 ひとみ

営業さんがスムーズに動けるよう、
サポートすることがミッション。

フジで働く前は、広告宣伝業の経理総務を担当していました。深夜まで続く激務から体を壊してしまい、退職することに。転職先は、無理せず長く働ける環境を探していました。フジを選んだのは、安定して働ける環境があったこと、通勤に便利だったから 。 私は主に、コインロッカー設置チームの営業を中心に各部署のサポートを行っています。実際に外回りを行うのは営業さんの仕事で、私は自社内でコインロッカーの売上データを分析しながら、地権者様や関係会社様に対しての提案書作成や、営業先のリストアップのサポートなどを手掛けています。 提案書の内容というのは例えば、新規の場合はコインロッカーを設置した場合のイメージ画像や、収益シュミレーションなどです。 既設のコインロッカーの売上が低迷している場所については、売上向上の為に、新たな看板、POPのデザイン案を、作成し改善に役立ててもらっています。

企画室 水梨 ひとみ企画室 水梨 ひとみ

スピーディーな行動が、業務効率アップにつながる。

企画室 水梨 ひとみ

私が仕事で心掛けているのは、とにかくスピーディーに行動すること。提案が早ければ、後に続く決定も早くなります。コインロッカーの設置や改善が提案先に承認されれば、速やかに工事を進めるようにしなければなりません。そのために依頼を受けたらすぐに動くようにしています。 今の私たちの課題は、もっと知名度を上げていくこと。
コインロッカーを無償で設置できるということは、一般的にあまり知られていません。既に800箇所以上設置されているとはいえ、これまでの実績にあぐらをかくのではなく、全国に私たちの商品やサービスを広げていきたいです。
コインロッカーの設置が利便性を生み、皆さまのお役に立ち、収益もあげられることを、たくさんの地権者様に知っていただきたいと思っています。

企画室 水梨 ひとみ

無理なく働けるだけでなく、能力に合わせて仕事の幅が広がる。

前職と比べると、とても働きやすくなりました。体への負担もほとんどありません。私は家に帰ってから、前職に比べて時間にゆとりを持てるようになったので、とてもリラックスしています。また、自由に発言できる環境があるので、ストレスを溜めこまずに働けることにも感謝しています。 フジに合っている人は、気配りのできる人でしょうか。この仕事は東京だけでなく、大阪支店のメンバーから依頼を受けることもあります。周りを見てしっかりフォローできる方が適任ですね。あとは、Officeソフトの基本操作ができれば大丈夫。 ときには、雑誌や新聞などにフジの広告を出すこともあるので、IllustratorやPhotoshopなどのデザインソフトが使える方は大歓迎です。企画力のある方であれば、新事業企画にも挑戦できるでしょう。その方のスキルや志向性に合わせた仕事をお任せできればと思っています。

企画室 水梨 ひとみ企画室 水梨 ひとみ

  • 人材募集中!
  • コインロッカー設置
  • ロッカー販売
  • 株式会社フジFacebookページ